フリーダイヤル:0120-4846-54 中島建築所 姫Design工房
健康、快適、長寿命、安心してくらせるやさしい家づくり
住まい情報

[ 建てる前に知ってよかった!知りたかった家づくり Q23 ] 2010/09/06

  建築工事費は、どの段階で支払えばよいのですか。



  家づくりでは、支払いスケジュールを頭に入れて、資金のやりくりを行う必要があります。最初の支払いは、工事請負契約の締結にあわせての契約金の支払いです。次に上棟時に工事費の中間金の支払いが行われます。上棟というのは、建物の骨組みができて、屋根ができあがった状態です。この段階で工事費の中間金を支払うのが、古くからの建築業界の慣習です。この中間金は、原則的に自己資金でまかなうものですが、公庫の中間資金を利用する方法もあります。上棟前に必要な図面、書類などを添えて申込みを行い、上棟時に現場審査を受けて合格すると、公庫から中間資金の融資を受けることができます。
  さて、いよいよ建物が完成し、引渡し、入居の段階で、様々な費用が発生します。まず、建物完成後ただちに、建物の表示登記、保存登記を行います。この際、登録免許税と司法書士等への登記手続き費用が発生します。公庫融資を利用する場合には、必要書類を提出して公庫とローン契約を結び、融資の実行を受け、工事会社などに残金の支払いを行います。ローン契約時には、事務手数料や印紙税、団体信用生命保険特約料、特約火災保険料などの諸費用がかかります。
  残金の支払いは、引渡しと同時に行うことを求める工事会社が多く、この場合には、公庫融資は間に合わず、引渡し前に資金を用意しておく必要があります。公庫から資金を受け取るまでの間、別の融資を受ける必要があり、これをつなぎ融資といいます。当然のことながら、つなぎ融資を行う際には、金利や手数料が発生します。
  ただし代理受領といって、工事会社が公庫から直接、公庫融資を受け取る契約にしておけば、つなぎ融資なしに、住宅の引渡しを受けることも可能です。







 コメントの投稿
 名前
コメント
 確認

上記の数字を入力
今日もありがとうの心で 番匠屋 ロハスデザインユニバーサル住宅
長野県飯田市の工務店『中島建築所』は、住宅の無料相談・設計・新築・リフォーム・耐震診断・店舗のデザイン・商店建築を得意とします
長野県飯田市の設計事務所『姫Design工房』は、住宅の和風・数奇屋風・洋風・南欧風・モダン・店舗の建築の関わる設計デザインをします
長野県飯田市・下伊那郡を拠点に建築・設計 阿南町 高森町 松川町 阿智村 売木村 大鹿村 下条村 喬木村 天龍村 豊岡村 根羽村
平谷村 泰阜村 伊那市 駒ヶ根市 上伊那郡 塩尻市 諏訪市 松本市 木曽町 中津川市 恵那市 長野県 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県